「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻 4巻~

桂あいりの「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻 4巻~
をご紹介します。

前回 までのあらすじです。

実花は夫と勘違いして夫の部下の一之瀬と
セッ〇スをしてしまう。彼女を気に入った一之瀬は
夫や仲間にバラすとおどし、
実花に体の関係を強要するのです

 

スポンサーリンク

第4巻 ひょっとして気づかれた?

打ち合わせと称して実花を誘い
有無を言わさず彼女の体をむさぼる一之瀬。

 

ふたりで閉じこもっている部屋に
店内が多忙になり、実花を呼びに来たスタッフの涼太は
室内に漂う空気、ふたりの様子に違和感を感じます。

 

いったん、中断したもののふたたび仕事の話をしながら
実花の体をいじくりまわす一之瀬です。
拒絶できすることができず、彼女はされるがままになっています。

 

職場のスタッフ、ひなに送っていくと声をかけて
彼女の部屋へ上がり込む一之瀬、彼女の顔を覗き込み

 

見つめて彼はこんなふうに言うのです。
僕にどうしてほしいの?…

 

▶無料立ち読みはこちら

 

感想

実花とセッ〇スしながら
仕事の話をそつなくする一之瀬が超こわいです。

 

仕事の現状分析に始まって、ぶれなく
今後の展開まで平常な様子で話しています。

 

実花の体を攻めつつ、自分でも快感を感じながら
そんなことできるって…

 

単純な作業をしながら
ビジネスの話している感じなんですよね。

 

セッ〇スが歯磨き程度の感じで
彼の体にガッツリ沁みついています。

 

一体どれだけの女性と寝たんだか…
実花とやった後に
スタッフのひなを誘うことなど
朝飯前って感じ、精力絶倫すぎです。

 

一之瀬は実花が自分になびかないことに
相当頭に来ているようですね。

 

今まで自分に見向きしなかった女性など
いなかったかのようです。

 

彼はひなに言います、
どうしてほしいのか素直に言えばいいと。

 

恥ずかしそうにその言葉を口にするひなに、
満足げな様子の一之瀬、彼はサドの部類ですね。

 

実花が苦しんでいる様子を見ても
体を求めることをやめないですから。

 

むしろ獲物を狙うように楽しんでいる感あります。

 

こういうタイプの男は
女性を好きになったりしないですね、
からだにこだわっているだけ。

 

今回はスタッフの涼太が何か感づいた様子です。
実花、一之瀬の様子がヘンなこと、

そしてバイトのひなが
一之瀬が運転する車に乗り込むところも
偶然に目撃しています。

 

彼はどんな行動に出るのでしょうか。
次回、ドキドキですね。

 

 

▶夫の部下… 無料立ち読みしてみる