同人、桂あいりのエロ漫画ってヤラしいね

カラミざかりで一躍有名になった同人作家の桂あいり。
エロ漫画の世界に新しい風を吹き込んだマンガ家として
ダントツ人気ですね。

現在、「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻、
コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──
ロングラン作品を雑誌に連載中、目が離せません。

桂あいりの作品をご紹介します

桂あいりの登場で男性だけでなく
女性もエロ漫画を読むようになった人、急増中なのです。

何かをきっかけにガラッと変わる女性を描かせたらピカイチ。
本人もひょっとして気づいていない化けの皮を
上手に剥がしていったり
男性の幻想を見事に打ち砕くことも得意なのです。

そういえばこんな子いるよな~と
作品読んで気づいたりするのですね。

このサイトでは桂あいりの各作品についての情報をごらんいただけます。

作品カテゴリー

カラミざかりカテゴリ 

 女神と1年暮らしてみた

  

桂あいりのエロ漫画の特徴は

なにげない会話や日常での出来事をきっかけに
性的な行動へ駆り立てられる登場人物たち。

ほんの軽い気持ちでセッ〇スした彼ら、彼女らは
抜き差しならないエロの大海へと投げ出されていきます。

桂あいりが描くエロ漫画世界の魅力は

・ストーリーが読み手の期待を裏切る、意表をつく面白さ
・表情、指、女性のからだの部位の描写が繊細できれい
・言葉にならない部分を表情やしぐさで的確に表している

・エッチの時の様子に臨場感を感じる
・セリフの中にエロさがちりばめられている
・エロの快楽と恐怖、落とし穴がバランスよく描かれている

同じようなエッチ場面や入れたり出したりが多すぎる
よくあるエロ漫画は見ていても面白みがなく
消化不良になってしまいます。

Hな、そこに行きつくまでのいきさつやせりふが面白くないと
正直言って飽きるんですね。女子だけなの?

 

エロマンガは確かに男性の読者がほとんどで
女性にはちょっと敷居が高いんだけれど~
面白かったら読みたい、というのが本音です。

 

男の視点で描かれている作品が多いから
女子にはひいてしまう内容が結構あるのも事実。

暴力的なシーンがあっても
行きつく先に救いがあったり、思わず考え込まされるなど
読み応えがあればいいのだけれど

 

女が強引に犯されてメチャメチャにされて
暗~いままで、おしまいはヤダな最悪だ~
どこが一体いいのだろう?

 

なぜそうなるのかが透けて見えてこないと
面白くな~いと感じます。

 

エロマンガに興味あるけど
好きな作家さんに巡り合えない女性(男性も)は多いかも。

私もそうだったから
桂あいりの「カラミざかり」を読んで
すっかりうれしくなりました。

普通の高校生がちょっとしたきっかけで性に目覚めていく過程、
思うように自分をコントロールできないもどかしさや
セッ〇スにのめり込み別人と化してしまう彼女達、
物語は読者が思いもしない方向に展開行く様子が新鮮です。

 

女子が読むエロいマンガTLやBLもあるけれど
桂あいりの作品はもっとシビアというか深いというか
セッ〇スの魔力みたいなものも描かれていて
きれいごとにしないところが好きです。

 

絵と言葉を駆使しているエロ行為の周辺状況が
とても面白いからのめりこんじゃう。

男性も女性も楽しめる作家さんだと思いました。

作品を盛り上げる個性的な登場人物たち(女性編)

可愛くておしとやか長い黒髪の、カラミざかりの里帆、
美人でお嬢さまタイプ、しかも優秀な女性として登場するコウカンの沙織。

周囲に好印象の彼女達がセッ〇スの世界にのめり込んでいきます。

・カラミざかりの里帆

karamizakari2

 

里帆は正反対の性格の活発な智乃といつもつるんでいます。
同級生の貴史にアダルト動画の女優にそっくりといわれて

アダルト動画を見ることが入り口になって
オ〇ニーを覚えて、貴史の部屋で初体験します。
ほかの2人に見られている中でのセッ〇スをきっかけに
ビッチになっていくのです。

彼女の行動は描かれていても自らの言葉を発しない里帆。
自分から行動を選択することなく(断っていないから選択しているのか?)
流れに身を任せてセッ〇スにおぼれ切っています。

唯一彼女が長々と会話したのは、カラミざかりの最初の部分で
廊下で山岸高成に話しかけた時だけ。
夏休みに智乃と海へ行くんだけれど山岸君はどうするの?という感じで。

夏祭りで危険なめにあっても懲りることなく
また智乃と一緒に相手を変えて
3Pでセッ〇スにのめり込んでいく最後の場面。

カラミざかり3あたりで、
ひょっとして飯田里帆が言葉を発することがあるのかな?

▶カラミざかりを試し読みする

 

「夫の部下にイかされちゃう…」抗えず感じてしまう不倫妻 の実花

夫がセッ〇スに淡泊だけれど、別段困ることもなかった実花。
彼女もセッ〇スレスでも別に~ という感じだったのですね。

ところが夫が連れ帰った部下を夫と勘違いしたところから
悪夢の日々が始まります。
そしていつの間にか
嫌いだった部下の超絶テクニックにはまっていく様子が
生々しく描き出されています。

愛する夫がいても体が満たされない、
それは彼女がセッ〇スにおいて
自分を受動的な位置に押しやっているから。

エロ攻勢で実花を苦しめる一之瀬、ピンチをどう切り抜ける?

▶夫の部下…の立ち読み

 

・コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──の沙織

 

格式ある良家に生まれた沙織は
周囲の期待を背負っていい子として振る舞っていたのですが
とうとう人格破壊を起こして
自分を傷つけたい汚したいと思うようになるのです。

徹底的に自分を貶める行為を続けていく沙織。
危険行為に自ら身を投じる中から
生きている実感のようなものを感じています。

Mの世界からSの世界へと。
周りの人々を巻き込んで危ない綱渡りをしていく
沙織の生き方が読む人の胸に突き刺さります。

 

▶コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──の立ち読み 

 

ページトップへ